The Japan Guitar Girl

made in Japanの素晴らしきギターを後生へ伝えていく・・・、ギタ女大使。

About

舶来・外国製輸入ギターを排除&排斥する事は目的としていません。日本のギターは全て、スペイン・ドイツ・アメリカ・フランス製を基にして作られ、最初期はコピー品を大量に海外輸出して成長してきた過程があります。その事実に目をつぶることは出来ません。従って、外国製ギターを否定する事は、本末転倒な行為であります。外国製のギターに対して適切・正当な評価をしないで、国産ギターを語る事などは出来ません。極端な保護主義ではなく、ゆるやかな地場産業の保護・育成という観点を持ちつつ、素直な心で国産ギターの素晴らしさを、多くの皆さんへ知ってもらいたい、そう私たちは心から願っています。

Endorser

素晴らしき、3人のアーティストに、趣の異なる国産ギターを委ねました。このギターたちを、どのように育てていって下さるのか、そしてどんな場面で使っていってくれるのか・・・、とても楽しみです!

平石凛

平石凛さん使用ギターについて

ThreeS W30H 1977年。名古屋鈴木バイオリン製。ジャパンヴィンテージと言われる中でも、大変評価の高い「ThreeS」(スリーエス)ブランド。その造りや、鳴りは、当時、たくさんあったブランドの中でも別格品。このモデルは、マーティンHD-28を模したモデルと思われる。オール合板とは思えない素直な鳴りをしている。

◆ギター各部写真

 http://blog.9notes.org/?eid=803

プロのリペアマンにより修理・調整・クリーンニングがなされ、村上さんのマルハと同じシャドー製のSH ECO NFXピックアップを搭載した。

---------------------------------------------------

村上想楽

村上想楽さん使用ギターについて

マルハF-120Mを使用。マルハは、かつて九州・久留米に存在していたメーカーです。太平洋戦争後まもない1946年頃から活動を開始し、1948年には、「マルハ楽器製造株式会社」となる。空前のギターブームにのり、自社ブランドと共にOEM生産等もしていたらしい。ギターブームの終焉に伴い、1970年代には姿を消した模様。詳しい歴史的背景は知られておらず、珍しい仕様のギターなどもあることから、「幻のメーカー」とも言われている。

このF-120Mは、マルハ標準のゼロフレットが付いておらず、かつネック裏の塗装が塗りつぶしではなく、材が見えるナチュラルな塗装をしていることなどから、初期モノと予想される。マルハギターは、各オークションサイトなどで手に入れようと思えば手に入れることは可能ですが、元来が、軽く作られているため、徹底的なオーバーホールが必要な事が多い。個人が趣味で弾く程度なのか、プロが現場で使うのかでは、どこまで手を入れるか、自ずと違ってくる。

今回、村上さんに使用して頂くと言うことで、プロのリペアマンにより修理・調整・クリーンニングがなされ、シャドー製のSH ECO NFXピックアップを搭載した。このモデルは、既に、日本代理店のラインナップから外されている。このPUの良さは、単なるピエゾではなく、サドル側とボディ側両方の振動を拾うナノフレックスを使用していること、また、チューナー等、余計な機能が付いていないので、壊れにくいとの判断から。

★ギター各部写真

 http://blog.9notes.org/?eid=791

---------------------------------------------------

広瀬咲楽

広瀬咲楽さん使用ギターについて

K.yairi K13 JY-Custom 2008を使用。K.yairiは1935年創業。現在に至るまで、半手工によりギター製作を続けてきた。K.yairiの特徴として、他品種少量生産。他のメーカーでは考えられないほど、生産できるラインナップは多い。現在のカタログには掲載されていなくても、カスタムオーダーが充実している為、大抵のことは出来てしまう。

広瀬さん仕様のギターは、2008年に当社代表がカスタムオーダーしたモノで、世界に1本しかない。裏板には3枚板を使用しており、材構成が異質、まず見かけない仕様を採用。要はネックのヘッドてっぺんから、底の所まで、マホガニーで統一した。超簡易的ではあるのだが、スルーネックのような感じを出したかった。かつ、裏板左右と、サイドは、メイプルを使用。美しい木目感。鳴りも素晴らしい。繊細さと、ボディの大きさから来るしっかり感も確かにあり、実に使い勝手の良いギターなのである。

搭載PUは、LRバグス・ステージエレメント。ヤイリギターにて取り付け。

お知らせ

◆ギターのオーダーについて

 Kヤイリは、カスタムオーダーにて製作可能です。ThreeSや、マルハはもうメーカーが存在していないので、同じモノを取り寄せることは出来ません。W30HやF-120Mをベースにしたカスタムオーダー製作は可能です。オークション等で手に入れても、使えるように仕上げるのには、相当なお金が掛ります。それなら一層・・・と言う考え方もあるかと思います。いずれのケースでも、お気軽に、下記運営会社メールアドレスにてご相談下さい。

◆イベント制作について

 made in Japanに焦点を当てたイベント等、是非、ご依頼下さい。出演依頼等、上記Endorserの所属事務所様等へおつなぎさせて頂きます。本企画運営会社による主催事業は、多忙すぎて行なうことが出来ません。企画が出来る際は改めてお知らせさせて頂きます。誠に申し訳ございません。なお、個人宅への訪問LIVEや、特定の政治思想や宗教関係のイベント出演依頼等はお受け出来ません。

◆何卒、ご理解下さい。

当企画は、特定の政治思想や宗教とは一切関係ありません。また、外国製品を排除することも目的とはしていません。単純に、日本で作られたギターの素晴らしさを多くの方に知ってもらいたい、ただ・・・、ただ・・・、それだけです。

◆画像について

 *TOP・・・・・・・・・Green Planetさんによる写真ACからの写真

 *アーティスト写真・・・許可を得て使用しています。

<運営>

横浜弦楽器

yokogen@jg8.so-net.ne.jp

<後援>

国産ギター普及協会

http://sns.hamatch.jp/community/?bbs_id=539