2017`4/20(木)

稲毛K's Dream

hajimecobain presents

"your soul needs vol.7"

パンパンの塔4th mini ALBUM

『火曜11時45分』レコ発ツアー

「何曜日にしようかなツアー」

=about パンパンの塔=

弾き語りで活動していた「まめ」(Vo&Gt)は、歌と朗読とラップを自在に行き来する独特の歌唱法。異色の存在だった。周囲の「バンドにしてみたら?」という声もあり、2010年11月「藤田 亮」(Dr)とバンド結成。バンド名は自身の曲の歌詞から引用された「パンパンの塔」となる。2011年暮れ「RO69JACK11/12」の優勝アーティストに選ばれ、COUNTDOWN JAPAN 11/12に出演。一躍シーンに躍り出る。2012年、森内ベース(Ba)が加わり、現在の編成に。 アコギ、ベース、ドラムという変則的な編成から生々しくもリズミカルな演奏。野暮ったさはなく、洗練されたグルーヴセンスに溢れている。柔らかで豊かなメロディー、時には心情風景を淡々と朗読、時には聞き取れないほどの超高速ラップを自在に行き来する唯一無二の歌唱法に、リスナーの想像力は限界まで掻きたてられる。2017.3.8 4作目「火曜11時45分」リリース。

=about クレヨンイーター=

4人組オルタナティヴロックバンド。
メンバー自ら、グッズデザイン、ミュージックビデオ制作まで行う、DIYな活動を展開。
結成から一年で、マンフレッドマン、頭脳警察、外道、スタークラブ等との共演を重ね、海外フェスへの出演も果たすなど、既定の枠を超えた活動で注目を浴びる。

現実との境界を失ったかのごとく妄想から、等身大の葛藤までを、独自のサイエンス・フィクションに落とし込んだ歌詞世界。それを支えるロック愛あふれるアートパンクな楽曲。
その世界観を大真面目に描き出さんとするライブは、もはやファンタジー。

クレヨンイーターは、新時代の目覚まし時計とも呼べる希望の哲学であり、満足知らずの僕らに火をつけるニューエストロックヒーローだ。

=about toitoitoi=

「すべての舌打ちを投げキッスに!」

ルール無用のハミ出したライブパフォーマンスでアコースティックの概念を吹き飛ばす千葉県出身の2人組ロックバンドtoitoitoi。アコースティックギターと歌のみのシンプルな楽曲から、激しい音がぶつかり合う楽曲、そこにパーカッションを加えたロックとポップとラテンとが混じった不思議な楽曲、さらにバンド編成でのそれぞれの音が美しく織り重なる楽曲まで、幅広い音楽の表現を追求。ライブでは、視覚的にも、布の絵画、緑の植物、ロウソクといった演出、そしてボーカル岸川の一風変わったパフォーマンスにより、ライブハウスからカフェ、ストリートに至るまで圧倒的かつ唯一無二な空間支配を繰り広げる。